言葉変換『もんじろう』用アイコン れーしっく体験記   

2008年 02月 09日

昨日から目が良くなったねこまんです(ヽ´ω`)こんばんは。
タイトルどおり「レーシック」と言われる手術を受けてきたわけですが…コレ考えた人すごいね!

実際おいらが受けたのは、従来の「レーシック」よりも綺麗に角膜にフラップ(ふた)が作成できるという「スーパーイントラレーシック」と言われている手術です。
で、今日雪の中病院に行ってきたのは、手術の翌日検診のためだったのですが「全く問題ありませんね。」と一言で終了しましたw
視力は裸眼で右0.1→1.5、左0.2→1.5というすばらしい結果(゚ω゚)
まだ安定してないのでこのあと変化があるかもしれませんが、メガネなしでPCできるってステキですね(ヽ´ω`)

そんなわけで、ネトゲやってるお友達には目の悪い人も大勢いそうなので簡単に体験記なんかを書いてみようかなーと(ヽ´ω`)



おいらがお世話になった病院では、レーシックの手術は↓の過程で行われます。
 1 適応検査
 2 施術
 3 術後検診(翌日、1週間後、3ヶ月後)
おいらは今日3の翌日検診を受けてきたわけです。
あとは来週と3ヶ月後に通院すれば良いだけなので、かなり気が楽になりました。
手術中も術後も、痛みはほとんどないとは聞いていてもやっぱりかなり緊張してましたからw

1 適応検査
視力や眼球の硬さ、暗い所での視力、角膜の厚さ等、色んなことを約2時間半~3時間かけて検査します。

角膜の厚さを測る検査は麻酔目薬を点眼して、眼球に直接検査装置を当てて行います。
直接とか…!
それ聞いただけでかなりガクブルしたチキンなねこまん:(;゙゚'ω゚'):
「麻酔をしているので痛くはないですけど、目をきょろきょろさせると眼球に傷がつくおそれがありますので、天井の赤い×印をみつめていてくださいねー。」という恐怖のお言葉でさらにガクブル:(;゙゚'ω゚'):
裸眼のぼやけた目で必死に×印を見つめていたら、視界に異物が…。
あれ?痛くない!(*‘ω‘ *)ふしぎ!
麻酔ってすごいですねー、マジで全然触ってる感じしないの。
予想以上のあっけなさに安心しつつも、目をきょろきょろさせないって難しいねー(・'ω`・)
動かしちゃいけないと思うとつい力入っちゃって…検査員のおねーさんごめんなさい…w

全部の検査終了後、検査結果をもとにお医者さんとの面談になるわけです。
先生の簡単な診察後「問題なく手術を受けていただけます。何か質問はありますか?」と聞かれたので「麻酔が効いているので痛くないとは思うんですけど、本当に痛くないですか?」と聞いたおいら。
「多少の痛みは感じられる方もいらっしゃいますが、それで手術が中止になったことは今までありません。術後も多少目にしみる感じがしたり違和感がある方もおられますけど、それは時間とともに回復するので大丈夫です。」とのご返答。
まぁ、手術なんだし多少の痛みはしょうがないかと思いつつも、やっぱり痛いこともあるのかと再びガクブルなねこまん:(;゙゚'ω゚'):
…どんだけチキンなんかとw
その日はそれで終了。
同意書をもらって帰宅しました。
「今ならまだキャンセルできる…!」などと考えつつも、耐えられない痛みではなさそうだし、腹をくくることにして2日後に同意書にサインしました(2日も悩んだのかw

2 施術
施術当日は手術の1時間前に病院に行き、手術前の最終的な検査+診察。
前回の適応検査と比べて大きな誤差がないかチェックします。
診察後、渡されたキャップをかぶりいよいよ手術室へ。
手術は2段階です。
1.フラップ作成2.屈折矯正と連続して受けることになります。

1.フラップ作成
まず最初に案内された部屋で、歯医者の椅子にごっつい機械がついたような手術台に寝かされます。
そして麻酔目薬の点眼。
そのまま目の前まで機械が迫ってきて眼球を固定する装置を取り付けられます。
ぶっちゃけ、手術中でこの装置取り付けが一番痛かったです…w
眼球をきゅーっと締め付けられてるような鈍い痛み。
(一番痛いといっても全然我慢できる痛さなんですが、心理的な恐怖なんかもあってかなり精神的にきつかったです…w)
で、その痛みを感じたあと「レーザー照射します。」という声が聞こえたので「眼球固定で痛みを感じてるのにレーザーとかマジで大丈夫?!」と、正直泣きそうでした。

ところが、レーザー自体は全く痛くない(*‘ω‘ *)ふしぎ!
途中で何も見えなくなるらしいんですけど(むしろおいらは眼球固定の時点でかなり見えなくなってた)、ホントになにも感じない。
麻酔ってすごいですn(ry
「10秒…15秒…終了しました。」とか横で言ってるのも聞こえるんですけど、痛くないのにすごく長く感じましたw
そんなこんなで無事両目のフラップ作成が終わったあと、両目が霞がかったようになっていてかなりドキドキしているなか、おねーさんが手を引いて2つ目の手術室に連れて行ってくれました。

2.屈折矯正
引き続き屈折矯正の手術です。
今度はベッドのような手術台に寝かされると、また機械が目の前まで迫ってきました。
そして、まつげが目にかからないようにテープみたいなものでとめ、目を大きく開いた状態に固定しました。
2度目の固定は痛くなかったのでチキンなねこまんには非常にありがたかったですw
そしてついにレーザー照射。
「右目15秒…50%…80%…終了しました。」とか言ってるので、心の中で「エヴァみたいだ…w」とか思っちゃいました。
ヴィーーーーーンという音が聞こえ、何かされてるのはわかるんだけど、あほなこと考えるくらい痛くもないし余裕だったっつーことでw
レーザー終了後、消毒液で目を洗われ、そのあとフラップを閉じるんですが、先生がヘラ(刷毛?)みたいなものでぺたぺたと触ってるのが見えるんですw
うわーうわーと思いながら、左目も同じように13秒照射のあとヘラでぺたぺた。
でもね、やっぱりこれも痛くないのw
ぺたぺたまで終わったあと、目の周りのテープはがすのが、手術で2番目に痛かったことですw
麻酔ってすごいd(ry

とりあえず手術はそれで終了。
その時点で、多少のかすみはあるもののもう遠くが見えてるんです(*‘ω‘ *)ふしぎ!(コレ多いな
すげーすげーと思いつつ、目を休めるための回復室へ案内されます。
そこで20分ほど目を閉じたまま安静にして、フラップを安定させます。
そのあと、もう1度先生の診察+おねーさんからお薬の説明を受けて、その日は帰宅することになりました。
病院からもらった保護メガネをかけて帰ったわけですが、なんつーかすごいね!
メガネに度が入ってないのに見えるんだものw
目が良いってこういうことかーと感動しました(ヽ´ω`)

帰宅後は、手術当日のみ1時間おきに点眼と食後のお薬を飲みつつ目を休めないといけなかったんですが、みんなもご存知のとおりおいらはPCちょっとだけやってました…w
おかげで目がしみて、痛み止めの目薬限界まで使っちゃったよ!(バカです
たぶん、PCしたりしなければ術後の痛みもほとんどないと思います。。。
もし痛みがあっても、痛み止めがめっちゃ効くので安心してください。
麻酔ってすg(ry
そんでもっておいらみたいに遅くまで起きてなければ、麻酔が効いてる状態でいい感じに眠れますw

就寝時には目をこすらないように保護用眼帯をつけて寝ます。
プラスチックの眼帯をテープでとめて寝るんですけど、けっこうまぬけな姿ですw
テープで貼ったあと、就寝前の点眼がまだなことに気付いて貼りなおしたのは秘密です(ヽ´ω`)

3 術後検診
そして今日、翌日検診を受けてきたわけですが、視力は最初に書いたとおり両目とも1.5(゚ω゚)
今日は昨日と違って全然しみた感じもないし、少しだけ右目がころころする感じもあるけど、それは時間の問題ですぐに感じなくなるそうです。
特に術後の問題もなく、非常に良い感じですヾ('ω`)ノ

目が覚めた瞬間に遠くが見えるって感動モノ。
色々不安もあったけど、手術を受けて良かったなぁと思います。

もちろん、手術なのでリスクもあります。
手術費用も健康保険適応外なのでとってもお高いし、100%成功するとも限りません。
なので、そう簡単に人に手術をすすめるわけにもいきません。
興味を持った方はココとかココとか参考にしたり、色々検索してみることをオススメします。
ただ、メガネにしてもコンタクトにしても色々とリスクはありますし、どれも一長一短だと思います。
色々考えたうえで手術受けてみたいと思ったら、もう迷わずに適応検査を受けに行きましょうヾ('ω`)ノ
(手術費用については、加入している生命保険によっては手術給付金の対象になる場合もありますし、医療費控除も適用されることもあるそうです。)

ちなみにおいらはココで手術を受けました。
探せばもっとお安いところもあるんだけど、症例数が多いのと、まわりに何人かこの病院で手術受けた人がいて安心感があったのと、その方に割引紹介券をもらったので決めました。
ホントはもっと他の病院とかも検査にいってみたり説明会に出てみたりしたほうがいいんだろうけど、やっぱりまわりに体験した人がいるってのは安心できるよね…w
とりあえずおいらの手術は無事成功したので良かったですヾ('ω`)ノ

自分も受けてみようかなと思った方、もしよければ15kの割引券があるのでコメントなんかでこそっと連絡くれれば、郵送なりなんなりさせていただきますよん(ヽ´ω`)
でも、その前に自分で色々調べてみてね(゚ω゚)ねこまんとの約束だよ!
[PR]

by neko_mani | 2008-02-09 23:43 | その他

<< さっきゅん服 電車 >>